ホーム » 日記 » 海上自衛隊のたちかぜでイジメが原因で若い隊員が上官に相談するも自殺

海上自衛隊のたちかぜでイジメが原因で若い隊員が上官に相談するも自殺

海上自衛隊のたちかぜで上司のイジメが原因で若き自衛官が艦内で自殺してしまいましたね。
この自衛官は日頃から上官に激しいイジメを受けており、イジメを受けていた上官の更に上の
上官にイジメの相談をして相談を受けた上官がイジメを行っていた上官に口頭で注意をした所、
その注意を受けた上官がさらなるイジメを行ったそうですね。イジメを受けた自衛隊はその翌日に
艦内で自殺をしてしまったようですね。こんなことならイジメの相談をするんじゃなかったと後悔をして
今後の自分の自衛隊の居場所がないと悲観しての自殺なんでしょうか?こういったイジメによる自殺では
死んでも死にきれない想いですよね?自衛隊のイジメは指導と称して以前より問題視されていましたよね?
警察官と自衛隊には指導とイジメの境目などがないんでしょうかね?ある意味特殊な世界ですからね?上官や上司の命令には絶対服従の世界ですからね。ある程度は通常の会社員やサラリーマンからするととても考えられない事が自衛隊の中では行われてるんじゃないかと思ってしましますよね?閉鎖的な世界の社会に生きていて命令で動くようになってくると普通の感覚がマヒしてしまうんでしょうかね?自分も若い自衛官の時にそうやってイジメを受けたから?そうやって繰り返したんでしょうか?普通の感覚なら若い頃に自分がされたイジメを後輩の自衛官に引き継がないようにするのが人としてと思いますけどね?警察官でも指導としていかなり厳しいイジメが温厚していると言われていますよね?警察学校などはその最たる場所なんじゃないでしょうか?自衛隊の学校も大して変わらない感じですよね?二言目には『お前らの変わりはいくらでもいる』と叱責されるようですね?完全に時間で管理されて一字一句の間違えも許されないそうです。このたちかぜでイジメをうけていた自衛隊も自分の携帯を年中隠されたり暴言は日常的にウケていたと言われていますよね?バケツを持って長時間立たせるなんて一体いつの時代の懲罰なんでしょうか?そんな屈辱を受けていてもじっと我慢して耐えるしかなかったのか?と思うと悲しい気持ちになりますよね?イジメを行っていた自衛隊の上官は42歳と言われていますよね?自分の子供が同じ目に遭っていたら指導だから仕方ないと何もいわないんでしょうかね?自分の子供にも教育や指導だと言ってイジメで自殺した自衛官のような事ができるんでしょうか?聞いてみたいもんですよね?イジメをした自衛隊には子供や家族はいなかったんでしょうか?

Return to page top

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。