ホーム » 日記 » 山口組がついに分裂か?山健組が主体となって新組織結成の動きが始まる?

山口組がついに分裂か?山健組が主体となって新組織結成の動きが始まる?

2015年の山口組についに大きな動きが出始めましたね?2015年の山口組は100周年という節目の年でもありますよね?それが今回、分裂する危機に陥っていますから問題です。5代目から現在の6代目に代変わりする時にも、世間では6代目のクーデターとの憶測を生みましたよね?これにも批判的な意見がネット上を中心に批判的な意見が多く出回っていましたよね?元山口組の直参の幹部で山健組で活躍した盛力会での会長でもあった盛力健児氏の著書でも「伝え聞いた話」として詳しく記述されていますよね。6代目に移行してからというもの、山口組の若頭でもあり事実上、現在の6代目の山口組を取り仕切っている高山清氏のもと、司忍6代目や高山清氏が出身母体でもある弘道会の影響力を強めようとやっきになっていましたよね?忠誠を誓わない直参や反発心をもっていると思われる直参の組長を大量に破門にしたのは有名な話ですよね?その中であの後藤組もあえなく弘道会のまえに押されてしまい、破門の処分が下されてしまいましたね?以前の山口組であれば「ヤマケンにあらずば山口組にあらず」と言われたほど、山本健一率いる山健組が山口組でも最大の勢力とい言われていましたよね?実際に山口組5代目の出身母体も山健組でした。ここで中京の名古屋で勢力を拡大してきたのが現6代目が率いる弘道会です。5代目が当代になった時にヤマケンから若頭を排出出来なかった時点で今回のような事態がいつか?起きるんではないのか?という憶測はいつも飛び回っていました。弘道会の勢力や発言力が強まれば強まるほど、山健組や古参の幹部たちの間では不満がくすぶっているいう噂は以前から囁かれていましたよね?前回の大量破門の件でも事実上の山口組みを取り仕切っているNO2の高山清若頭の指示のもとで行われていたと言われています。
今回の山口組分裂騒動はついに起こるべくして起こった事案なんじゃないでしょうか?以前のように山一抗争のときのような模様を呈してくるんでしょうかね?
以前も4代目の襲名に反対した2次団体組織が反発してこぞって分裂していきましたが、山口組の代紋に憧れていた組織や水面下でも山口組の説得で一和会を離脱する組織が続出してしまい、大きな抗争事件を引き起こすことなく一和会の山本会長が山口組総本部を訪れて、自身の引退と謝罪を条件に山口組分裂騒動が収束した経緯がありますが?今回はどうおさまるんでしょうかね?分裂騒動の渦中の組織が山健組と言われていますから?簡単には収まらない感じですよね?今までは山口組の盟主と言われてきた山健組ですからね?対する6代目率いる弘道会も豊富な資金力を背景に今回の分裂騒動にどう対応するんでしょうか?高山清若頭の手腕の発揮しどころなんでしょうかね?
タグ /

Return to page top